【ホットヨガは便秘解消と相性バッチリ】基礎代謝アップで便通改善してみましょう!

慢性的な便秘のせいか、肌の状態も悪く吹き出物が出たり、化粧のノリが悪くなったり…あーどうにかしたい!

毎日ヨーグルトを食べたりストレッチもしているのになかなか出ない…お腹が張って便秘薬を飲んでも効果がなくなってきた

なんて便秘の悩み、抱えていませんか?

半年で4つのスタジオを利用してみた管理人が、こちらのページで人気のスタジオを徹底比較しています。
しっかりとお試し体験で比較して、納得できるスタジオを選んでくださいね!
2017年版 おすすめスタジオ比較

便秘の人こそすぐに始めたいホットヨガの恐るべき効果!

慢性的な便秘が続くと肌の調子が悪くなるだけでなく、肩こりや腰痛、ぽっこりお腹と…ほんとどうにかしたいものです。

そこで今回は便秘の悩みを抱える方の為に、ホットヨガの便秘解消効果について詳しくお伝えします

  • それなりに食生活や生活習慣には注意しているにも関わらず、一向に便通が改善しない
  • 市販の便秘薬ではとりあえず出るには出るけど体質的に合わないような…
  • できれば変なサプリメントとかに頼らず、運動や生活習慣の見直しによって便秘体質を治したい!

こんな便秘の悩みを抱えてる方ってすごく多いですよね。

最近の統計では、全国で約470万人の方が便秘の悩みを抱えている…ということです。ま、管理人もそんな470万人の一人だったわけですが…。

というわけでホットヨガの便通改善効果を具体的にまとめておきます。結果から言うと、ホットヨガは便秘解消効果がめっちゃ高いと思いますよ。

かくいう管理人も週に2~3回のレッスンを続けることで、長きにわたって悩まされた便秘体質がほぼほぼ改善されましたからね。これもホットヨガの効果に他なりません。

中には便秘薬や高額なサプリメントで便秘を改善しようと考える方も多いですけど…

甘い!!

便秘薬や高額なサプリメントなんか使っても、根本的に解消するのは無理!むしろ長期的にみると悪化するかもよ…というのが管理人の考えです。

そのあたりも含めて便秘の仕組みや原因、ホットヨガの効果について説明していきますね。

まずは敵を知る!便秘の原因と症状、解消法とは?


便秘に悩める方はご存知のとおり、胃腸の中にずっと便が留まっていることでお腹が張るだけでなく悪性のガスが発生します。

で悪性のガスによって新陳代謝が妨げられます。そして新陳代謝が妨げられてしまえばお肌のトラブルにもつながります、まあとにかく1日も早く解消したいものです。

そこで便秘解消への最初のステップとして、便秘や便秘体質の原因や仕組みについて詳しく調べてみたので参考にどうぞ。

ちなみに便秘の主な原因は以下のものだといわれています。

  1. 食生活に問題がある(食物繊維が不足)
  2. 運動不足
  3. 便秘薬の乱用や下剤依存
  4. 精神的ストレス

食物繊維が不足


まず便秘解消において、最も大きな原因と言えるのは食事内容であり、食物繊維の不足ということはご存知ですよね。これは基本中の基本ですね。

不溶性の食物繊維は本来水分を溜め込みしっかりと便を柔らかくし、腸の通過をスムーズにさせます。また、不溶性の食物繊維は腸内環境を整え、善玉菌を増やす働きもあります。

その結果、腸の蠕動運動を刺激します。

つまり食物繊維が不足した食生活を続けることで便が硬くなり、スムーズに腸を通過できなくなり便秘体質につながってしまうのです。

よく言われることですが、便秘体質の方はなるべく食物繊維を多く含む野菜や海藻をなどを意識的に取り入れることが大切ですね。

なんでダイエットすると便秘になるのかな?

ダイエットを開始してから便秘が悪化してしまった…

という方も目立ちます。

これは摂取する食事量が減った結果、腸への刺激が弱まり蠕動運動の働きが悪くなったというのが原因です。

ダイエットされるのはいっこうに構いません。ただ十分な量の食事をしっかりと取ること。

また食事と一緒に十分な水分を摂取することこの点にはご注意ください。

運動不足


便秘の種類は大きく分けて弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘という三つがあります。で、とくに弛緩性便秘の場合、腹筋が衰えたことも大きく影響するのです。

慢性的な運動不足により全身の筋肉量…とくに腹筋が衰えることで直腸の便を押し出す筋力が不足して排便しづらくなります。

あくまで直腸の働きをサポートするための筋力です。激しいトレーニングや筋トレは必要ありません。毎日のウォーキングや週に一度のホットヨガでも十分に効果は実感できます。

また、お仕事が忙しくて運動を取り入れようにも時間が無い…なんて方は腹式呼吸やストレッチを行うだけでもだいぶ変わってきますよ。ぜひお試しあれ。

便秘薬の乱用、下剤依存


けっこう周りにも多いのがこのタイプです。

当サイトのユーザーさんの中にも、慢性的な体質の方ですでに便秘薬に依存している方も多いのではないでしょうか?

たしかに最近の便秘薬は非常に効果が大きく、一時的に用いることは効果的かもしれません。

ただですね、人間の臓器というのはとっても賢くできているのです。

長期間の便秘薬の服用によって胃腸が「薬の力で強制的に排便してもらえる…」と判断してしまえば蠕動運動は衰えて、さらに胃腸の働きは弱ります。

本来は便秘を解消するための便秘薬。ですが長期間の服用により胃腸の活動を衰えさせてしまうという結果に繋がりかねません。

こういった下剤依存の方の中には、徐々に便秘薬の効き目が薄くなった結果、一度に10錠を超える便秘薬を服用しなければ出せなくい体になってしまった…なんて方も少なくありません。

本当に出ないシチュエーションで用いるのは効果的ですが、こういった便秘薬依存にはご注意ください。

精神的なストレスが多い


先ほども軽く触れましたが、便秘には大きく分けて、弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘の3つがあります。

で、中でも痙攣性便秘はストレスやイライラなんかを原因とした腸管の蠕動運動を促進する副交感神経の過緊張を原因としています。

また痙攣性便秘の場合、たいていはウサギの糞のようにコロコロ便なのが特徴です。

忙しい毎日や複雑な人間関係の中で「ストレスを溜めない生活」なんて、まあ無理ですよね。絶対に無理。なので大切なのは感じたストレスを溜め込まずしっかりと発散することです。

そんなストレス発散効果もホットヨガのお勧めのポイントなのです。

大量の発汗により、リフレッシュ効果が高いだけでなく、瞑想状態で自分に向き合い、ゆったりとした時間を過ごすことで日常の溜め込んだストレスが発散できます。ホントすっきりしますよ!

食生活の見直しだけで便秘解消法は難しい


たしかに便秘体質を改善する最も効果の高い方法は、なんといっても食生活の見直し!やっぱり毎日口にするものは大切なのです。

排便効果を促すために、善玉菌に必要な栄養素として取るべき食物繊維の量は1日約20gです。1日約20gってなんだか簡単に摂取できそうな気もしますよね?

でも実際には毎日の食事に注意したところで、外食とか多い人だと相手に気を遣って思うようにコントロールできないなんてことも…。1日約20gでも継続するのは大変ですよ。

便の成分はほとんどが水分!だから水を飲んで運動する!


ということで1日約20gの食物繊維が取りきれない方は水分補給!水飲んでおけば間違いないです。

弛緩性便秘の場合、体の中の水分が不足することで腸の働きが鈍ってしまうことが原因です。また直腸性便秘の場合、水分が不足して便が硬くなり、直腸に溜まってしまうことが原因です。

つまり大抵の便秘は、十分な水分を摂取することである程度は軽減させることってできるんですよね。

ちなみに便秘解消を目的とする方の1日に必要な水分の摂取量は約1.5~2リットルとなります。

ま、3度の食事でスープをはじめ、いくらかの水分は摂取しています。なので1リットル程度を目標に摂取してください。

便の成分はほとんどが水分って知ってますか?


さて、せっかくなので便の成分についても触れておきます。

突然ですが、あなたはは具体的なの便の成分はご存知でしょうか?

様々なウンチのタイプにより成分内容は大きく変わりますが、理想的な便の成分は約8割が水分の便だといわれています。

残りの2割の中の約3分の1が固形物となります。つまりほとんどが水分なんですよ。固形物なんてほんのちょびっとなのです。

というわけで、いくら腸内環境を改善したところで肝心な水分が不足してしまえば出るはずの便も出すことができません。

便秘に悩む方がヨーグルトや食物繊維を多く含んだ食べ物を意識して摂ってはいますが、そもそも水分不足だと出やすい便でも出せないのです。もったいない…。

食生活を見直すことも大切ですが、今まで以上に水分を摂取することを心がけてくださいね!

胃腸の蠕動運動が便秘解消のカギを握る!


ということで先程からちょいちょい登場する。蠕動運動(ぜんどううんどう)についてちょっとだけ解説しておきます。

便秘解消や便通改善の話となると必ず登場する「胃腸の蠕動運動」という言葉ですがご存知でしょうか?

ちなみに蠕動運動とはわかりやすく言えば「食べた食事をスムーズに食堂から直腸まで送り届けるための収縮運動を」のことです。

消化管などの臓器の収縮運動のことで、内容物を移動させる役割をしている。主に食道から直腸までの運動をいう。蠕動運動は自律神経の働きによって行われているため、意識的に調整することはできないが、食物や水分をとる、運動をするなどの刺激を与えることによって活発になる。加齢などにより胃の蠕動運動が低下すると、消化に時間がかかるため胃もたれや胸やけを起こしやすくなる。また、大腸の蠕動運動が低下すると便秘になりやすくなる。

引用元:蠕動運動 http://health.goo.ne.jp/medical/word/155

つまり便秘体質の方は蠕動運動が低下している、または元々蠕動運動の活動が低くなりがちなタイプということになります。

もちろん加齢により蠕動運動は徐々に低下します。この部分は致し方ありません。

ですが食生活の見直しや水分摂取、毎日の運動習慣によって蠕動運動を活発化させることは十分に可能です。

とくに毎日の生活にうまく運動習慣を取り入れることで、蠕動運動の働きはどんどん活発化しスムーズに排便ができるようになります。

蠕動運動を活発にさせるならホットヨガがおすすめ!


では、蠕動運動を正常化させ便秘解消するために何を意識すればいいのでしょうか?

そもそも蠕動運動は自律神経の働きによって活動します。なので蠕動運動の働きが低下気味=自律神経のバランスもイマイチということですね。

交感神経と副交感神経のバランスが崩れたままでは、うまく蠕動運動も活動できないわけです。

ということで、まずは自律神経のバランスを整えてあげることが肝心なのです!

また、もっとも多い便秘の症状である弛緩性便秘の場合、スムーズな排便を促すためにはある程度の腹筋の力も不可欠。

もちろん腹筋だけでなく全身の筋肉量が不足していれば基礎代謝も低下し蠕動運動も同様に低下します。

ということで、毎日の生活にうまく運動習慣を取り入れることが必須なのです。中でもホットヨガは…

  1. バランスの崩れた自律神経を整え、副交感神経を優位にしてくれる
  2. 腹筋をはじめとしたインナーマッスルを強化してくれる
  3. 高温多湿なスタジオで運動することで、大量に発汗させ普段以上に水分を摂取できる

というメリットがあります。まさに蠕動運動の活発化にピッタリの運動ですね。

またデトックス効果の高いホットヨガなら、便秘解消効果だけでなく、溜め込んだ老廃物や毒素も汗と一緒に排出されます。結果としてむくみ解消やポッコリおなかも同時に解消できますね。

それだけじゃありません!

自分の呼吸や体調、体の調子にじっくりと向き合うために深い呼吸を繰り返すのでリラックス効果があります。

また常温のヨガに比べても大量に発汗するため非常にリフレッシュ効果が高く、ストレスを原因とする痙攣性便秘にも非常に有効なのです。

ちなみに管理人もホットヨガ開始直後はけっこうな便秘体質でした。いつも固くて出にくかったものです。ですが今ではだいぶ改善されてきました。

ということで便秘に悩む全国の470万人の方には、できることなら1人でも多くの方にホットヨガを試してもらいたいな…というのが管理人の正直な気持ちです。

腸内環境の改善に効果のあるホットヨガだとしても時間はかかります。便秘・デトックスが必要って人は、1日も早くお試し体験だけでも受けてみるといいですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする