【ホットヨガ呼吸のポイント】を行うメリット

深い呼吸法

ヨガやホットヨガをおこなう中で、ポーズや瞑想に並んで大切な部分ともいえる呼吸法。

忙しい日常生活では、浅く早い呼吸を行いがち。浅く早い呼吸は交感神経を刺激するため、リラックスしているつもりでも体は休まっていません。
結果、不眠症や慢性疲労…最悪な場合には無気力や鬱状態といったことにつながります。けっこう呼吸は大事なのです。

深くゆっくりと呼吸するヨガやホットヨガの呼吸法は、交感神経を沈める効果があります。

今回はそんなホットヨガで行なう深くゆっくりとした呼吸のメリットについて少し突っ込んでお話しておきます。

半年で4つのスタジオを利用してみた管理人が、こちらのページで人気のスタジオを徹底比較しています。
しっかりとお試し体験で比較して、納得できるスタジオを選んでくださいね!
2017年版 おすすめスタジオ比較

深くゆっくりとした呼吸のメリットとは?

胸式呼吸に比べ、ゆっくりと深い腹式呼吸は自律神経を整える…といわれています。

そこで、ここではホットヨガやヨガでおこなう呼吸法が体に与える影響や、メリットについてご紹介しておきます。

自律神経を整え脳波やセロトニンにも影響が…


ヨガやホットヨガの深い呼吸法は副交感神経を優位な状態にかえる働きがあるといわれています。

たしかに深くゆっくりと呼吸することで交感神経が沈められ、かわりにリラックス効果をもたらす副交感神経が優位な状態が保たれますが、この仕組みについて少し詳しく説明してきます。

そもそも呼吸では息を吸った時には交感神経、吐いた時には副交感神経が刺激されるといわれています。

そのため、浅く早い呼吸を繰り返した場合、交感神経が優位にたちやすく、反対に深く呼吸することで副交感神経が優位にたちやすくなるものです。

副交感神経が刺激されるとリラックスするのはなぜ?


では深く呼吸して副交感神経が刺激されると、なぜリラックス効果が大きいのでしょうか?

これは交感神経での脳波と副交感神経での脳波が関係しています。一般的に交感神経が優位な状態ではβ波という脳波がでるといわれています。

このβ波は主に日常生活を中心に緊張やストレス、イライラ状態で発生られる脳波で、リラックスよりもストレルが溜め込まれる状態といえるかもしれません。

それに対して副交感神経が優位な状態になるとα波やθ波がでるといわれています。

副交感神経が優位な状態だと、精神的に安定している時や瞑想状態にでるといわれるα波、まどろみ状態にみられるθ波がでるだけでなく、心のバランスを整える効果のあるセロトニンという神経伝達物質も放出されます。

セロトニンが放出された場合、ストレスや不安感は抑制され気持ちも安らぐだけでなく、偏頭痛や体の痛みも抑え、リラックスした状態が維持できます。

通称「幸せホルモン」とよばれるだけあって心地よい状態に導く物質だといわれています。

深い呼吸法は死腔を減少させる効果も


「死腔」という言葉はあまり馴染みのある言葉ではありませんが、呼吸によって肺に取り入れられた酸素の中で、ガス交換されずに肺や気管に残った空気のことを意味します。一般に死腔の容積は150mlといわれています。

例えば1回600mlの深い呼吸を10回行った場合、本来は6,000mlの換気量といった計算になるはずですが、死腔の分を差し引きしてしまうと実際の換気量は4,500mlになってしまうということ。

つまり実際には深く沢山の空気を吸い込んだつもりでも思ったほどの換気量ではないわけです。この死腔によって換気量が減ってしまうのは浅く早い呼吸であれば尚更です。

例えば1回で300mの浅い呼吸を20回した場合を考えてみましょう。計算上では深い呼吸と同じく6,000mlの換気量のですが、実際には死腔の量が2倍になります。150mlの死腔が20回分ですので3000mlもの死腔となってきます。

つまり6,000mlの換気量のうち約半分の3,000mlは死腔として、ガス交換されず溜め込まれてしまうわけです。

ですから深くゆっくりとした呼吸の方が確実に多くの酸素を体内に取り込むことができるため、全身の酸素量が増え、頭もスッキリとするわけなんです。

ホットヨガでは胸式呼吸と腹式呼吸のどちらがいいの?


呼吸法には一般的に肩や首の筋肉を中心に行なう胸式呼吸と、胸の筋肉や腹筋をつかった腹式呼吸があるといわれていますが、より多くの酸素を体内に取り込み、巡らせるには腹式呼吸がよいといわれています。

というのも胸式呼吸では吸い込まれた空気の多くは肺の上部に溜め込まれ、腹式呼吸で吸い込まれた空気は肺の下部に溜め込まれます。

そもそも肺の上部と下部では下部の方が、多くの血液が流れているため、より効率的に酸素を血液に、そして二酸化炭素を血液から肺にガス交換できます。

つまり同じ肺でも下部に多くの空気を取り込んだ方が確実に多くの酸素を体内に巡らせることが可能だといえます。また同時に排出すべき二酸化炭素も効率的に口から吐き出すことにつながります。

【まとめ】呼吸法の基本的な部分は初回のお試し体験でも実践できます!

このような点から、同じ深い呼吸だとしても腹式呼吸の方が「酸素のめぐり」という点では有効だと考えられますね。

一度身につけることで、日常生活でも活用できる深くリラックスする腹式呼吸。お試し体験レッスンでも初歩的な部分はじゅうぶんに知ることができます。

またスタジオが変わってもポイントやアドバイスも違ってきます。ぜひ幾つか店舗で体験してみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする