【ホットヨガ脂肪燃焼効果】深層筋を鍛えて基礎代謝量を上げればダイエット効果は絶大!

ヨガで脂肪を燃焼

ホットヨガやヨガの経験者であればご存知でしょうが、複雑なポーズをしっかりと安定させること・・・これが簡単にみえて非常に難しい!!

インストラクターさんが簡単にこなすので、自分でも楽にできるのでは?と錯覚しちゃうんですよね(笑)

呼吸を整えヨガのポーズを安定させるには、通い続けてもある程度の期間がかかります。

ヨガのポーズを安定させるためには、普段が使っていなかった全身の深層筋を使う必要もでてきます。こういった筋肉群が使いこなせるとしっかりと脂肪燃焼効率も上がるのです。

今回、そんなホットヨガやヨガの脂肪を燃焼させる効果について。

料金だけじゃなく立地や設備、スタッフの質も大事!

半年で4つのスタジオを利用してみた管理人が、こちらのページで人気のスタジオを徹底比較しています。

しっかりとお試し体験で比較して、納得できるスタジオを選んでくださいね!
2017年版 おすすめスタジオ比較

ホットヨガは遅筋のトレーニングに効果のある運動


まずホットヨガの脂肪燃焼の前に理解を深めるためにも、少しだけ筋肉の話をしたいと思います。

まず初めて聞く言葉かもしれませんが、筋肉には種類があって大きく分けると「速筋」タイプの筋肉と「遅筋」タイプの筋肉に分けることができます。

で、それぞれの特徴を説明しますと、速筋は瞬発的な運動に適した筋肉で、見た目は白い筋繊維だといわれています。対して遅筋は継続的な運動に適した筋肉で、筋繊維は赤いために赤筋とよばれる事もあります。

遅筋と速筋を陸上選手で考えてみると…


ここで速筋と遅筋の違いを分かりやすく説明するために、陸上競技と選手に置き換えて考えてみましょう。

例えば100Mの短距離の選手の体をイメージしてください。

瞬発的な爆発力が必要な選手の体についているのは、多くが速筋と呼ばれる瞬発力のある筋肉です。速筋は筋肥大そやすくトレーニングによって太く大きな筋肉になります。

しかし速筋には継続性がありません…というのも速筋のエネルギーはブドウ糖を始めとした糖質です。体内の筋肉で使用できる糖質の量は限られていますから、短期間でエネルギー不足となって疲れ果ててしまうわけです。

短距離の選手が、たったの100Mだけで倒れこむほど体力を消耗していることからも納得できますね。

一方マラソン選手をイメージしてもらえば、遅筋は簡単に理解できるはずです。

遅筋はマラソンのように長時間の継続した運動に適した筋肉で、いくら鍛えても筋肥大(大きく太くなる)をしない筋肉だといわれています。

また遅筋のもっとも大きな特徴は、速筋のように糖質をエネルギーとせずに脂肪をエネルギーとする点かもしれません。マラソン選手をイメージすればわかりますが、ゴツい筋肉の選手や肥満体型の選手は一人もいません。

マラソン選手にとって速筋は必要のない筋肉です。無駄に速筋を増やして糖質を消費されては、長距離を走りぬくことができません。

できるだけ遅筋を増やす必要があるわけです。また遅筋が多いということは、それだけ脂肪の燃焼効率が良いという意味です。

つまりどんなに沢山の食事量であっても、遅筋の鍛えぬかれたマラソン選手は、トレーニングのよって脂肪はすべて燃焼されてしまうのです。

遅筋を鍛えることは脂肪の燃焼効率を上げること


つまり脂肪の燃焼を目的としたトレーニングをする場合は、筋トレのような速筋を鍛えるよりも有酸素運動や姿勢を安定させることで遅筋を鍛えるのが効果的です。

ですので脂肪の燃焼効率を第一に考えた場合、ジョギングやウォーキングといった有酸素運動やホットヨガやヨガといった姿勢安定効果のある運動が非常に適しているわけですね。

中でもホットヨガではスタジオ内の温度や湿度によって、環境的にもっとも代謝の上がりやすい状態で行われます。

血行が促進され発汗がすすみ、代謝の上がった状態で姿勢を安定させる遅筋のトレーニングを行うため、遅筋のトレーニング効果も他の運動に比べ非常に大きいといえるでしょう。

自律神経を整えることでも脂肪を燃焼


また、ホットヨガやヨガは他の運動全般と違い、遅筋を鍛える運動そ続けた状態で、同時にリラックス効果も実感できます。

呼吸を整え、自分と向き合いポーズを実践すると徐々にリラックスできるはずです。実はこのリラックス効果がダイエットや脂肪燃焼とも深く関わっています。

リラックスを実感した状態は自律神経の視点でみれば副交感神経が優位に働いている状態です。

副交感神経が優位な状態だと血管は拡張され、不要な老廃物や疲労物質も流れやすく排出されやすい状態です。

つまり不要な水分も疲れも溜め込まないむくみにくい体質に変化してくるはずです。それ以外にも血管やリンパの流れが向上すれば代謝も上がり、スッキリと脂肪の燃焼しやすい体に変わってきます。

確かにジョギングやウォーキング等の遅筋のトレーニング効果のあるエクササイズはいろいろあります。

しかしその中でもホットヨガやヨガは、交感神経を沈めて副交感神経を優位な状態にしつつも遅筋のトレーニングができる数少ない運動のひとつといってもよいかもしれません。

【まとめ】通常の筋トレや日常生活ではインナーマッスルは鍛えにくい!だからヨガがいい!

普段の生活ではなかなか鍛えることのできないインナーマッスル。これが女性らしい締まったシルエット、痩せやすい体質づくりのカギを握っているのです。

まずは一度でもレッスンを受ければ、自分のインナーマッスルがどんな状態か明確。レッスン翌日には気持ちいいくらいの筋肉痛が待っているはず(笑)

ずっと継続できるか不安な場合、1,000円程度でたいていのホットヨガ・スタジオはお試しレッスンが可能。ぜひ痩せ体質や締まったシルエットをゲットしちゃってくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする