【ホットヨガは空腹で行なう!?】満腹でレッスンを受けてはいけない理由


ホットヨガは様々なポーズの連続。

そのため食後、満腹で行うと気分が悪くなる方も多くお勧めしません。

またお腹がすいている状態のほうが体のキレもよく、体脂肪を優先的に燃焼する働きがあります。

とはいえ空腹時にレッスンを行うと血糖値が下がります。中には具合が悪くなる方もまれにいるのでご注意ください。

できればレッスン開始の2時間前あたりに食事を済ませておくのが理想的ですね。

食後2時間は体が消化消化活動に専念すべき時間、できるだけハードな運動は避けておきたいものです。

ちなみに食事前にホットヨガのレッスンをされた場合、

レッスン後はなるべく野菜、フルーツ等から食べ始め血糖値の上昇を抑えてください。

料金だけじゃなく立地や設備、スタッフの質も大事!

半年で4つのスタジオを利用してみた管理人が、こちらのページで人気のスタジオを徹底比較しています。

しっかりとお試し体験で比較して、納得できるスタジオを選んでくださいね!
2017年版 おすすめスタジオ比較

消化活動に専念する食後2時間は胃腸に負担がかかる!ホットヨガのレッスンはできれば食前に

ホットヨガを始める方、興味はあるけど始める踏ん切りがつかない…といったホットヨガ初心者にホットヨガの効果やメリットを紹介する当サイト。

先日ですね、「ホットヨガ 空腹」といった検索ワードから辿りつかれた方がいたようです。

この検索ワードだけでは正直ハッキリ断定できないけど、きっとホットヨガのレッスンの前にご飯を食べちゃ行けないのかなあ…と疑問に思ったんじゃないでしょうか。

もしくは空腹時と満腹時ではホットヨガの効果に違いがあるのかな?といったことが気になったのかも。

そこで今回はホットヨガのレッスン、食事のタイミングついてお話します。

満腹でホットヨガのレッスンは最悪のパターン


まずホットヨガというエクササイズを少し考えてもらえば分かると思いますが、35~40℃、さらに湿度は50%という、まるで熱帯のような環境でおこなわれるヨガですよね。

もし一度もレッスンを体験していない方の場合、そう言われてもスタジオ内のイメージがわきづらいかもしれませんが、ざっくりいえば健康ランドみたいなお風呂の低温サウナみたいな温度というわけです。

で、空腹でレッスンを受ける方がいいのか?それとも満腹でも問題ないのか?と悩まれたのかと思いますが、どう考えても満腹でそういった環境に挑むのは無理がありますよ…

たしかにホットヨガスタジオと低温サウナじゃまるっきり違うかもしれません。でもわざわざ直前に食事をする人なんていないと思いますよ…絶対気持ち悪くなるし。

そもそも食事から時間の経過した状態でも、人によってはスタジオの暑さや発汗で気持ち悪くなる方が多いというのに、わざわざ直前に食事を摂って挑むなんて、ハッキリいって無謀というか、無茶なのは間違いありませんよね。

もちろん基本的にどのホットヨガスタジオでも「レッスン前の約2時間程度は食事はしないで下さい」と注意書きがあるかと思いますよ。

食事内容が消化中は負担の大きい運動は控えるのは常識


多くのホットヨガスタジオでは、レッスン前の2時間程度は食事を控えるようにと説明されますが、わたし個人としては食事から2時間どころか3~4時間くらいは空けてからレッスンを受けた方がいいと思います。

実際に食事を摂ってから胃腸で消化活動にかかる時間を考えてもらえれば納得です。

消化の良いとよばれる麺類やご飯類、パン類といった炭水化物でも約2~3時間、肉類や魚類といったタンパク質になってくれば平気で3~4時間は消化にかかるものです。

つまり、しっかりと咀嚼して十分に唾液酵素で消化を助けたとしても、通常の食事であれば3~4時間、もしくはそれ以上の消化活動が続くわけです。

ですから普通にランチを摂った場合、最低でも3~4時間はおいてからレッスン、どうしても都合によって~2時間しか空けられない場合は、消化吸収の良いフルーツ等を率先して摂った方がいい。

ホットヨガは空腹時にこそおすすめしたい運動


では逆に空腹の状態でレッスンに参加するのはどうでしょうか?

なんだかレッスン中にお腹が空いてしまうのが心配…といった方、貧血になるのでは?と心配な方もいるかもしれませんね。しかし結果からいってホットヨガのようなエクササイズであれば空腹でもまったく問題無いと感じてますよ。

空腹で運動を行なうことで、貧血や体調不良に陥るレベルというのは、正直いって相当なレベルの運動です。

その点ホットヨガの場合、環境によって起こる発汗やカロリー消費は相当ですが、運動強度の面では負担の低いエクササイズです。

だから多少の空腹な状態、カロリーが不足している状態でも何も問題なくレッスンを続けることが可能だと思いますね。

あ、もちろん途中でお腹が空いてどうにも我慢できない…といった気持ちの問題は別です、そこは自分で調整して消化のよい手軽な食材を摂っておくようにして下さいね。

空腹時にホットヨガをおこなうメリット


ホットヨガを始める方の多くがダイエットや基礎代謝アップが目的かと思われます。そんなダイエット目的の方こそ空腹でレッスンに臨んでもらいたいですね。

というのも大きく2つのダイエット効果があるといわれています。

もちろんどちらも空腹であろうが空腹でなかろうが、十分に効果がでるのは言うまでもありません。

しかしレッスン当日の消費カロリーを考えたら、やっぱり空腹の方が確実に消費カロリーが大きいのは言うまでもありません。

空腹時のホットヨガで血糖値を上げダイエット効果が


同じ60分や90分のレッスンであれば、空腹だろうが満腹だろうが同じようにカロリーは消費されます。

しかし満腹状態にくらべ、空腹の状態の方が体に溜め込まれた体脂肪を優先的に燃焼する働きがあるといわれています。

というのも、空腹状態は満腹状態にくらべ体内に燃焼するべき材料の無い状態です。したがって空腹状態では体内に溜め込まれた脂肪を優先的に燃焼し始めるわけです。

またホットヨガに限らず、運動することで人はアドレナリンが分泌され、肝臓内の糖が血液に運ばれ血糖値も上昇します。血糖値の上昇した状態とは、ある意味食事をとった時と同じような状態なんですね。

なのでレッスンによって血糖値が上昇して食欲が抑えられることもあるし、無駄に多くの食事をとらずに済むというメリットもあります。

そういった意味でも、わざわざ食事をとってからレッスンするよりも、空腹な状態でレッスンを受けた方がダイエット効果も大きいかと思います。

もしホットヨガスタジオをまだ決めていない…といった方は、こういった運動と食事の関係、どういったタイミングでレッスンを受けるべきかを、しっかりと納得いくまで説明してくれる先生のいるスタジオを選んでおくといいかと思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする