【ホットヨガ体が硬いけどできる?】意外と体が硬い人が多いという事実!

ホットヨガで柔らかい体を

ヨガやホットヨガに興味はあるんだけど

「私は体が硬いから無理…」と諦めてはいませんか?

たしかにヨガのポーズは不安定かつ柔軟な体の方が綺麗にできるものが多いです。

ですが先生やインストラクターさんの中にも体の硬い人もたくさんいます。

何を隠そう管理人もめちゃ硬かったです。始めるまでは。

毎日じっくりとヨガのポーズを繰り返すことで、だんだんと少しずつ体は柔らかくなってくるもの。

むしろ体の硬い人ほど上達をハッキリと感じることができるんですよ!

料金だけじゃなく立地や設備、スタッフの質も大事!

半年で4つのスタジオを利用してみた管理人が、こちらのページで人気のスタジオを徹底比較しています。

しっかりとお試し体験で比較して、納得できるスタジオを選んでくださいね!
2017年版 おすすめスタジオ比較

体を柔らかくすることがヨガの目的ではありません


そもそも体の柔らかさは非常に個人差が大きいもの。

なので初めてのホットヨガ体験レッスンでも、いきなり綺麗なポーズを作れる人もいれば、予想以上に体が硬く、悪戦苦闘する人もいます。

えすが少し原点に立ち返ってみましょう。

ヨガやホットヨガの目的は綺麗にポーズを作ることではありません。

むしろ現在の自分の体の状態をありのままに受け入れて、その範囲内で集中し心と体の調和を目指すことが目的なはず。

つまり他人と比べる必要も無ければ、先生やインストラクターさんのように綺麗にポーズをとる必要もありません。そもそも骨格や背格好も違うので理想のカタチそのものが違うのです。

徐々に時間をかけて理想に近づければ良いのです。

ヨガやホットヨガで感じる体が硬い人のメリット

体が硬いことはヨガのポーズをつくる上で大きなデメリットのように感じますが、実はデメリットだけではありません。大きなメリットもあることを知っておきましょう。

体の使い方をデリケートに実感できる


まずヨガやホットヨガのレッスンで正しいポーズをつくる方法を身に着けやすいこと。

もともと体の柔軟性の高い人の場合、本来の正しいポーズをつくる方法を意識せずともそこそ綺麗なポーズを作ることができてしまいます。

それに対し体の硬い人は柔軟性でカバーできない分、しっかりと体の使い方を正しくマスターしないと、いつまで経っても綺麗なポーズをつくれません。

結果として最終的に同じように綺麗なポーズをつくることができた場合、正しい方法をしっかりとマスターしている体の硬い人の方が得るものが大きいといえるでしょう。

上達を日々、目に見えて実感できる


また、最初からそこそこ綺麗なポーズをつくることができる体の柔らかい人にくらべ、体の硬い人は徐々に体が柔らかくなる過程を実感できます。

そのためヨガやホットヨガを継続するモチベーションを維持しやすく「前回はできなかった事が今日はすんなりできた♪」というちょっとした進歩に感動できます。

実はヨガやホットヨガでは硬い体を柔らかく変えていく過程の工夫や努力が重要な意味を持ちます。

不安定なポーズをしっかりとした呼吸と共に安定させることは、心を安定させることに繋がります。

ですので最初からすんなりできてしまう体の柔らかい人は、綺麗にポーズを作れても呼吸や集中力を見落としてしまいがちだともいわれています。

体が硬いので周りのようにポーズを作れないことが心配…


まず最初に忘れてはいけない大切なことですが、ヨガやホットヨガでは周りの人にどう見られているかを気にしてはいけません。

そもそもヨガやホットヨガを続けている期間も違えば体の柔らかさ、骨格や背格好も人それぞれです。むしろ誰でも同じようにポーズを作れるわけがありません。

また最初はポーズをつくることに意識が集中してしまいがちですが、ポーズの綺麗さよりもポーズをつくる上での呼吸法や瞑想状態が本来の目的です。

ですので自分の現在のレベルで気持よく集中しつつ、リラックスすることがもっとも重要なポイントなのです。

とくに初級者の方ほど、目に見えるポーズばかりを気にして「上手にできない…」と悩む人もいますが、気にする必要はありません。

そういった意味でも自分の関節の可動範囲を超えた曲げ伸ばしや、筋肉に無理をかけてポーズを維持することは集中もリラックスもできません。

あくまで自分のレベルをわきまえて気持ち良いと感じるレベルで行って下さい。

ポーズよりも呼吸に意識を!体の硬さは問題ありません


とくに初級者の方は鏡に映った自分のポーズを重視しがちですが、ポーズ以上に大切なのが呼吸法だといわれています。

ポーズと違って他人からは容易に確認できない部分だけに、自分ではより注意しておきましょう。

呼吸法にも基本的な腹式呼吸から胸式呼吸、おへその下の丹田の活動に意識を集中した丹田呼吸、体の全てをつかって思い切り吸い込む完全呼吸…と呼吸法だけでも数多く存在します。

まずは副交感神経を刺激してリラックスできるように、できるだけ深くゆっくりと行う基本的な腹式呼吸から、徐々に様々な呼吸法を身につけていけばよいでしょう。

しっかりとした深い呼吸を身につけることでポーズも安定し、頭もスッキリとリラックス状態に導かれるはずです。

むしろホットヨガの本当の効果を実感するために大切なのは柔軟性よりも、リラックスできる深く独特なヨガの呼吸法。

呼吸法を重視しつつ、じっくり自分と向き合って継続すれば、自然とカラダの柔軟性を上げていきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする