【冷え性を治すホットヨガ】冷えが悪化するパターンにも注意!

通常のヨガにくらべ、温かいスタジオで行なうホットヨガは格段に発汗量が多いのが特徴。

結果、デトックスのよる美肌効果、血行促進による冷え性や肩こりも期待できます。

管理人もずっと手足の冷えに悩まされてきましたが、ホットヨガが習慣化されてから随分と改善されてきましたよ。

以前は夏冷えもひどく、年中、生姜茶や生姜湯のお世話になっていましたが、ここ1年ほど冬でも手足がポカポカ状態を維持してます。ほんと継続して良かったぁ。

とはいえ、中にはホットヨガとの相性が合わずに、冷えが悪化する方も稀にいるので注意したいところです。

そこで今回、ホットヨガと冷えについてお話しておきます。

半年で4つのスタジオを利用してみた管理人が、こちらのページで人気のスタジオを徹底比較しています。
しっかりとお試し体験で比較して、納得できるスタジオを選んでくださいね!
2017年版 おすすめスタジオ比較

ホットヨガで冷え性が悪化した場合はすぐに中止!


ホットヨガの効果やメリットを紹介する当サイトに、「ホットヨガ 冷え性悪化」といった検索から辿りついた方がいらっしゃいました。

冷え性改善じゃなく、冷え性悪化??

正直、ちょっぴり驚きました。

管理人の場合、ずっと悩んでいた冷え性がホットヨガを始めてから改善されてきたわけですから。

そこでこの現象について少し調べてみました。

で調べた結果、ホットヨガで冷え性が改善される方が一般的なわけですが、稀にホットヨガを行なうことで冷え性が悪化する方も少なからずおられるようなんです。

これには様々な理由があるんですが、基本的にホットヨガが体質的に合っていないのは間違いありません。

とくに35~40℃といった高温多湿なスタジオで行なうホットヨガ、冷え性が悪化したというのは、ある意味何らかの体の異変の初期症状ということも考えられますからね。

無理して続けても本格的に体調を崩したり、何か重篤な症状につながりかねません。そんな方は無理せず、ホットヨガは諦めて常温のヨガ、もしくはピラティスあたりに切り替える潔さも大切でしょうね。

ホットヨガで冷え性が悪化する理由を考えてみる


この部分、実際に管理人が体験していないので、ここから先はホットヨガの特徴から推測しての話になります。ご了承ください。

おそらく冷え性悪化の大きな理由は「発汗による脱水症状・ミネラル不足」が関係しているかと思われます。

35~40℃という低温サウナのような高温のスタジオで行なうホットヨガでは、通常のヨガにくらべても水分補給が非常に大切だといわれています。

もちろん定期的にスタジオに通われている方ならば、水分補給のタイミングや必要な水分量を把握しているので問題無いかと思います。

それに定期的にレッスンされている方は何よりも発汗しやすい体質に変化しているので、そうそう脱水症状には陥ることはありません。

しかし初回レッスンの方、久しぶりにレッスンに参加された方の場合、水分補給のタイミングや必要な水分量を把握できていないケースが多いのかもしれません。

また普段の生活で運動不足な状態だと、そもそも発汗するための全身のエクリン腺の機能が著しく低下している可能性も考えられます。

エクリン腺の機能が低下すると、発汗できる汗腺に汗が集中するために、汗腺の働きが追いつかずにジトーっとした蒸発しづらい汗に変わってきます。

大切なミネラル分も汗と一緒に排出されてミネラル不足に


もうひとつのホットヨガによる冷え性悪化の理由はミネラル不足の可能性も考えられますね。

例えば運動不足やエアコンの効いた室内にいる時間の長い方の場合、先ほども説明しましたが、能動汗腺とよばれる発汗機能のある汗腺が減少しているわけです。

そのためにホットヨガ等で急激に多量の発汗が行われると、当然ですが発汗量に対して機能している汗腺が不足してしまいます。

…分かりやすく言えば、汗はどんどん排出しようとしますが、出口が限られている状態です。

汗というのは本来、毛穴から排出される直前までは血漿成分を多く含んだ非常に血液に近い状態の液体といわれています。

そのミネラルを多量に含んだ血漿成分は排出される前に体内に再吸収されるようにできています。

なので発汗された時は、多少はしょっぱいですが基本的にはほとんどが水分となるわけです。

しかし少ない汗腺から急速に多量の発汗が行われると、事態は急変します。発汗量が多すぎて血漿成分再吸収がまったく追いつかない状態になるんですね。つまり体に必要なミネラル分を多く含んだ状態のまま発汗されてしまうのです。

脱水症状やミネラル不足は冷え性を悪化させる


このように適切な水分補給ができていない方、運動不足やひさびさのホットヨガで汗腺機能が低下している方。

そういった方が無理にレッスンを続けてしまうのがホットヨガによる冷え性の原因かなあと推測できます。

今回の場合「ホットヨガ 冷え性悪化」といった検索ワードのため、それ以外の部分はハッキリしません。

ただ個人的には冷え性悪化だけでなく、同時に「めまい、立ちくらみ、体の怠さ、頭痛…」といった症状もおこっていたのでは…と感じています。

通常、マグネシウムや亜鉛といったミネラル不足に陥ると、人間の体は冷え性や肌荒れといった症状がでてくるものです。

もちろん無理に続けてしまえばむくみの原因にもなるし、貧血やめまい、自律神経にも影響してきます。

つまりミネラル不足になってしまえば、ホットヨガで解消するはずの悩みがすべて反対に悪化するようなものですね(汗)

なのでまずは、体質を徐々に改善してあげる必要があるかと思います。

いきなりホットヨガは厳しいかもしれませんから、まずは常温のヨガやピラティスといった深層筋に効果のある運動で、汗腺のトレーニングを行うこと。

発汗機能が整ってきてからホットヨガに挑戦する方がリスクも低く、無難な方法かもしれませんね。

とりあえずホットヨガ環境を知る意味でも、格安のお試しレッスンを一度受けてみるといいですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする