【ホットヨガ通う頻度】目的、年齢、体調で変わるスタジオに通う回数

ホットヨガを始めたばかりの方の中には

どれくらいの頻度でスタジオに通えば良いの?という部分を決めかねている方も多いのではないでしょうか。

結果からいいますと頻度や週に何回といった基準はとくにありません。

アドバイスするならば

最初はあまり意気込みすぎず、ホットショットホットヨガを習慣化すること

この部分さえおさえておけば大丈夫です。

個人差もあるので週3回の方や、週1回の方もいるでしょう。体力も年齢も皆さん違います。通いながらじっくり自分にあった頻度を探ってみましょう。

数ヶ月続けることでホットヨガは習慣化します。習慣化すれば自然と体がヨガを求めてくるので体が求めたタイミングで行くのがベスト。

週3回で疲労がたまる方は週2にすれば良いし、週1でまだまだ物足りないという方は、週2にすれば良いのです。

中には他人のペースに合わせてしまう方もいますが、大切なのは自分の体と相談することですね。

また週○回とノルマを決めてしまうと義務感が生じてレッスンも万全な体調でのぞめません。じっくりと自分と向き合う精神的な余裕もなくなっちゃいますよね。

また開始直後から週3~4と通いつめる方もいますが、そんな方にかぎって意外と早い時期にフェードアウトしてしまう方が多い気もします。

まずは飛ばし過ぎずに週1~2回のペースでスタート。

徐々に体調や効果をみながら徐々に自分のペースを掴んで行くのがいいかなあと思います。

半年で4つのスタジオを利用してみた管理人が、こちらのページで人気のスタジオを徹底比較しています。
しっかりとお試し体験で比較して、納得できるスタジオを選んでくださいね!
2017年版 おすすめスタジオ比較

自分の運動習慣も考えて頻度を上げる


一方でホットヨガをまだ始めていない方。

そんなホットヨガをこれから始める方には「どれくらいの頻度で通うものなの?」とスタジオに通うペースに悩んでいる方もいるかもしれません。

ホットヨガを始める方には減量目的の人もいれば、健康維持が目的の人もいます。

さらに肩こりや冷え性の改善や歪んだ背骨や骨盤を矯正することが目的の方もいるので頻度も目的によって様々。

もちろんホットヨガを始める方の年齢によっても頻度は変わってきます。

基礎代謝も高く体力の溢れている若い年代と、代謝も体力も落ちてきた40代、50代では必要な運動量も変わってきます。

自分の目的と年齢を考えて頻度を決めるとよいかもしれませんね。

運動習慣の無かった人は週1回から

ホットヨガにかかわらず、これまで継続的な運動を行っていなかった人の場合、最初の1~2ヶ月間は無理のない頻度で続けることが理想的…というか挫折せずに続けることが肝心♪

とくに通常のジョギングやウォーキング、そしてフィットネスクラブでのマシントレーニング等とは違い、40℃近い高温多湿なスタジオで行なうのがホットヨガの特徴。

慣れるまでは体の負担も大きく、体調不良や関節の怪我につながりかねません。

マンスリー会員等で通い放題の方だったら無理してでも通いつめておきたいでしょうが、体を壊しては意味ありませんからね。

…まあとりあえず体がホットヨガに慣れるまでは、週に1~2回に留めておいた方が無難かもしれませんね。

逆に継続的な運動を続けている方であれば、週2~3回のペースでも問題ありません。本人次第では週4や週5で通うことも可能です。(ただし長期的にみて週5でホットヨガを続けることは少々体への負担が大きいかもしれません)

ただこれだけは覚えておいてください。予想以上に体力も消耗するホットヨガは、インストラクターさんでさえもレッスン数が多いと体力の消耗が激しく体調を崩すといわれています。

最初は無理せず、徐々に自分に合ったペースを見つけて通う頻度を上げていくように心がけておきましょう。

目的によってもホットヨガの頻度は違う


また目的によってもホットヨガに通うべき頻度は変わってくるものです。

そもそもホットヨガは、高温多湿なスタジオで行なうために大量の発汗があるのでカロリー消費が大きなイメージがありますが、実際には60分のレッスンで約250~350キロカロリー程度といわれています。

ですので、減量目的で本格的にダイエット目的の人であれば、週に1~2回のレッスンでは効果を感じるまで相当な時間がかかってくるはずです。

つまりホットヨガでダイエット効果を期待している方は、レッスンにより消費カロリーを増やすよりもホットヨガによって各部のインナーマッスルを鍛えて基礎代謝をアップさせることがポイントとなってきます。

全身の遅筋とよばれるインナーマッスルが鍛えられれば基礎代謝も上がり、脂肪を燃焼しやすい体質に変化します。

そうなった場合健康維持の頻度と違い、最低でも筋力アップのためにも2~3日ごとのレッスンが理想的です。

結果として週3程度の頻度でレッスンに通うのが理想的なのかなあと思います。

その他の目的でホットヨガを始める場合の頻度は?


ダイエット以外の目的でホットヨガを始める場合、正直いって週3の頻度で通う必要は無いかもしれません。

肩こり解消や冷え性改善、骨盤調整や便秘解消、またはお肌の不調をデトックス効果で解消したい…といった方ならば週1~2の頻度でスタジオに通うだけでも十分に効果が感じられるはずです。

どんな目的だとしても、短期的に詰め込んで通ったからといって、すぐに解消できるわけではありません。むしろ頻度を上げてしまうと体調不良や怪我の原因にもなってきます。

そのためホットヨガスタジオの先生やインストラクターさんも、頻度をおさえて長期間続けることをおすすめしています。

せっかくマンスリー会員となって通い放題かもしれませんが、多くても週2程度におさえておくべきかもしれません。

年齢によって必要な運動量は違うもの


ホットヨガに通う頻度を考えた場合、目的や体調といった部分の前に、大前提として自分の年齢から通う頻度を計算してもよいかもしれません。

運動にはそのハードさによって運動強度といった計算方法があります。

心拍数をベースに計算される運動強度には健康維持や体重の減量、筋力アップといった目的別で必要な運動量が数値化されています。

もちろん個人差はありますが、ハード過ぎない運動を20代の頃は週に180分、30代で170分、40代で160分、50代で150分、60代で140分が目標といわれています。

これをそのままホットヨガに置き換える事は難しいかもしれませんが、発汗のともなう筋力アップをかねた運動ですから十分に体重の減量や筋力アップの効果が期待できます。

具体的にホットヨガの頻度を計算してみると…


そう考えると20代では週に3回のレッスン(1レッスン60分の場合)、60代であれば週に2回のレッスン(1レッスン60分の場合)で十分な運動量だといえます。

これは単純に1週間の運動がホットヨガだけの場合の計算です。実際には仕事に通勤するときにも歩く、走る、自転車に乗る、階段を利用する…と様々な運動を行っていますよね。

つまり20代の方を考えても週に3回以上のレッスンは少し多すぎるかもしれませんね。

自分の体調とも相談して頻度を調整する


しかし通常のヨガやピラティス、有酸素運動と違い、ホットヨガは特殊な環境で行われるエクササイズです。

インドのような熱帯に近い高温多湿な環境に身をおいて行なうために、予想以上に体に負担がかかる運動だということです。

体調が万全な状態ならば何ともないスタジオでも、寝不足や過労といった体調が優れない状態で臨んでしまえば途端に体調を崩してしまうわけです。

ですから週2とか週3とか自分でノルマを決めつけずに、体調と相談しながら頻度を決めていくようにして下さい。

例えば週3の頻度で通っていると疲れやすい…といった場合は週2に頻度を落とす。

または仕事やプライベートで忙しく体調がイマイチ…といった場合は今週は週1におさえて来週が週3に頻度を上げる。

そういったフレキシブルに対応していく方が長続きするはずです。

また通う頻度はスタジオのレッスン内容やレッスン時間によっても変わるもの。

まずは自分に合ったスタジオを見つけるためにも格安のお試し体験を複数のスタジオで受けてみるのが近道だって思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする