ホットヨガを知るにはヨガの歴史を知る

インドの歴史とヨガの誕生

モデルさんや芸能人にも人気のエクササイズとして認知度を得てきたホットヨガ。

なんとなく暖かいスタジオで汗をかきながら行うヨガってことは理解できるけども、実際にはどういった内容なのでしょうか?

そこで始める前にホットヨガの歴史を少し勉強しておきましょう。

料金だけじゃなく立地や設備、スタッフの質も大事!

半年で4つのスタジオを利用してみた管理人が、こちらのページで人気のスタジオを徹底比較しています。

しっかりとお試し体験で比較して、納得できるスタジオを選んでくださいね!
2017年版 おすすめスタジオ比較

4,500年前には存在していたヨガの原型


もちろんホットヨガを知るにはベースとなるヨガの歴史を知ることも大切なので合わせてお話しておきます。

ホットヨガはヨガのひとつの進化系。様々なカタチに進化したヨガの中でも、現代の女性にとって最も必要な効果を凝縮させたヨガといってもよいかもしれません。

しかしベースとなるヨガのポーズ、呼吸法、瞑想、それにスピリチュアルな部分は、基本的にヨガと何ら変わりません。そこでまずはホットヨガの歴史の前にヨガの歴史を少し説明しておきます。

インドの歴史と同じ歴史をもつヨガ


ヨガの期限はインドの歴史と同じく4500年も昔といわれています。

世界四大文明のひとつであるインダス文明の代表的な遺跡といえるモヘンジョ・ダロの出土品の中にも、ヨガの瞑想を意味する印章が見つかったといわれています。

つまり当時からすでにヨガの原型ともいえる瞑想のような行法が行われていたということ。

そして時代を経て、当時インドを侵攻してきたヒンドゥー教の前身ともいえるバラモン教を信仰していたアーリア人がヨガを発展させたといわれています。

そもそもバラモン教では自然現象には神々が宿るとして祭壇を構え祈りの儀式を行う習慣があったといわれ、当時の「ヴェーダ聖典」とよばれる書物には祈りの儀式の手順や作法が記されています。

また「ヴェーダ聖典」には当時の哲学的な考えも記録されており、その哲学こそがヨガの哲学のベースとなっているとも考えられています。

ヨガとは「馬をクルマにつなぐ」という意味


では実際にヨガという言葉はどこから生まれたのでしょうか?

これに関しては「ウパニシャッド」とよばれる古典に登場していることから、ウパニシャッド以前には既に行法のひとつの形式として認知されていたことが伺えます。

ウパニシャッドではヨガのことを、馬車と馬に例えて表現されています。

自我のために、馬であるカラダや各器官を理性という手綱でコントロールすることこそがヨガであり、ヨガという言葉も「馬と馬車をつなぐ」という意味に由来しているといわれています。

本当の意味でのヨガの誕生「ヨーガ・スートラ」


とはいえ、本当の意味でのヨガの誕生は「ヨーガ・スートラ」の登場以降といってもよいかもしれません。

ヨーガ・スートラはヨガの根本経典ともよばれ、正統なヨガを伝えるはじめての書物といえる経典で、パンタンジャリによって編集されました。

このヨーガ・スートラの考えの中心はサーンキャ哲学という哲学ともいわれ、多元的二元論という考えに基づかれています。つまり魂とカラダは別物という考えです。

しかし実際にヨーガ・スートラで登場するヨガのポーズとしては、ラージャヨガといって坐法のみで瞑想や呼吸法を中心としたものです。

この行法だけでは最終的な悟りの境地へ到達することが難しいとして、その後ハタヨガをはじめ様々なポーズや呼吸法を用いたヨガが派生することになりました。

気をコントロールする現代ヨガの原型、ハタヨガの誕生


ラージャヨガだけでは高みに達することが難しいとして、様々なポーズや呼吸法を用いて気の流れをコントロールするためのヨガとして生まれたのがハタヨガでした。

ハタヨガのハタとは太陽と月を意味し、心や体をコントロールするために最も大切なのが「気の流れ」といった発想の元、アーサナ→呼吸法→ムドラー→サマディといった流れで行われるのが基本的です。

もちろんアシュタンガヨガやパワーヨガ等も基本的にはハタヨガのひとつだといえます。

ラージャヨガの坐法と瞑想では達することのできなかった高みに、ダイナミックな体の動きや新たな呼吸法によって達することを可能としたのがハタヨガだといわれています。

以上、ヨガの歴史や成り立ちについて駆け足でまとめてみました。

ちなみにホットヨガの原形もハタヨガを基本としてますので、ホットヨガをお試しする際にも多少は役立つこともあるかもしれません。

知れば知るほど深いヨガの歴史・・・4,500年前に生まれたエクササイズがカタチを進化させ、現代でホットヨガとして人気を集めているなんて不思議だし趣がありますね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする