【ホットヨガ冷え性に効く?】基礎代謝アップで手足の冷えを治す

女性にとって天敵といえる冷え性。

それ自体でも嫌なものですが、冷え性が原因で肩こり頭痛、腰痛、生理痛といった様々な不調を引き起こす人も多いですよね。

管理人も夏でも冷えて困ってましたよ・・・。

そんな中、ホットヨガを始めてから劇的に冷え性が改善されたという方が多いのは知ってますか?

これは冷え性の原因や解消法にヨガやホットヨガが深く関係しているからだといえます。

冷え性の改善には食生活の見直しや適度な運動が大切といわれています。

中でもホットヨガは知れば知るほど、冷え性改善にピッタリな運動なのです。今回は冷え性改善効果について。

料金だけじゃなく立地や設備、スタッフの質も大事!

半年で4つのスタジオを利用してみた管理人が、こちらのページで人気のスタジオを徹底比較しています。

しっかりとお試し体験で比較して、納得できるスタジオを選んでくださいね!
2017年版 おすすめスタジオ比較

冷え性の症状や原因、そして解消法


まず簡単に冷え性の症状や原因についてお伝えします。

そもそも冷え性とは

簡単にいってしまえば手足の末端を中心とした末梢神経の血行障害のこと。

体全体が寒い、冷えるといった症状をともなわない末端部限定の冷えを指します。

男性よりも女性に冷え性が多いのは…


主に冷え性といえば女性に特有なイメージがありますが、男性に比べ女性に冷え性が多い理由は非常にシンプルです。

女性の体に多い皮下脂肪は、外気の温度を体内に伝えにくい反面、体内の温度も外に伝えにくい性質をもっています。

つまり保温性が高い反面、暖まりにくいということですね。

つまり体が冷えてしまった場合、皮下脂肪によってずっと冷えをかかえこんでしまうわけです。冷え性の方が室温をいくら温めても厚着をしてもなかなか冷えがおさまらないのはこんな理由のためです。

それに対し、熱を発生しやすい筋肉量の多い男性には冷え性が少ないことからも皮下脂肪や筋肉量が深く関係していることが分かるかと思います。

また自律神経の乱れやホルモンバランスが崩れてしまった場合も冷え性の原因になるといわれています。

つまり職場や人間関係のストレスや過労、睡眠不足…といった日々の緊張状態によっても血行不良や冷え性は悪化します。

ヨガやホットヨガの冷え性改善の効果


そこで冷え性を改善する効果の高い運動としてヨガやホットヨガが最近では注目されてきました。

というのも他の様々なエクササイズと違い、冷え性の主な原因ともいえる基礎代謝の低下、筋肉量の減少、自律神経の乱れ…といった多くの要素にまとめて効果があるためです。

ホットヨガでは、日本の気候では体験できない40℃程度の熱帯に近い高温多湿の環境に身をおくことで、多量の発汗によって代謝が上がります。この部分は通常のヨガでは体験できません。

またエクササイズ的にも女性の基礎代謝アップにもっとも理想的な全身の深層筋とよばれるインナーマッスルを鍛えることが可能です。

深層筋の強化と副交感神経の刺激が冷え性を治す


このインナーマッスルの多くはマシントレーニングでは鍛えるのが困難な筋肉で、脂肪をエネルギーとする遅筋とよばれるタイプの筋肉で構成されてます。

つまりインナーマッスルを増やすことで基礎代謝が上がり、体内から熱を発生しやすい状態に変えることができます。

また精神的なリラックス状態で行うヨガやホットヨガの場合、深い腹式呼吸のような正しい呼吸法で行っていれば交感神経と副交感神経がしっかりと交互に切り替えることができる上、副交感神経が優位なリラックス状態を保つこともできるでしょう。

つまり血管は拡張し、脳波でいえばα波やθ波、そしてセロトニンといった物質も分泌されている爽快な状態です。

他にも様々なエクササイズはありますが、冷え性改善の効果をこれほど効率的にまとめて実感できる運動といえば、ヨガやホットヨガが最適なひとつなのは間違いありません。

ヨガやホットヨガと同時に取り入れたい冷え性対策


冷え性の辛い季節の前に余裕を持ってホットヨガやヨガのスタジオに通いはじめる事で、これまでよりもずっと冷えにくい体質になるはずです。

しかし冷え性の改善にはそれなりの時間を要するはずです。

ヨガやホットヨガで全身のインナーマッスルを鍛えることで熱の発生しやすい、冷えにくい体に変化するにも数ヶ月かかるのが普通です。

そこでヨガやホットヨガに通いつつも、毎日の生活習慣で取り入れたい冷え性対策をご紹介しておきます。

食生活から冷え性を改善する


いわゆる3大栄養素をしっかりとバランス良く摂取していないと、基礎代謝も下がり血行不良の原因となります。つまりより冷えやすい体質になるということ。

もちろんビタミンやミネラルを意識しつつもタンパク質や炭水化物、脂質をバランスよく摂取しておきましょう。

よくダイエットを始めてから急激に冷え性が悪化したといった話を聞きますが、理由は栄養バランスがとれていない事です。

とくに体内に吸収された栄養素を熱に変える働きのあるビタミンやミネラルが不足することは、冷えやすい体質につながります。しっかり1日3食の食事を心がけて下さい。

インスタント食品やファストフードといった食事の多くなりがちな方はサプリメント等を利用してでもビタミンやミネラルを摂る習慣をつけておくとよいかもしれません。

適度な運動によって基礎代謝と筋肉量をキープ


女性の多くは体重が増えたことは気にする一方、基礎代謝が落ちること、筋肉量が落ちる事は気にしないものです。

しかし冷え性の大きな理由のひとつが、運動不足による筋肉量の減少です。1日の消費カロリーの大多数を占める基礎代謝量を左右するのが全身の筋肉量です。

基礎代謝が下がってしまうと人間の生存本能から、脂肪を溜め込み筋肉から先に燃焼させるといわれています。つまり脂肪の燃焼しにくい体になるということ。

筋肉が減少して皮下脂肪の割合が増えてしまえば、今よりもさらに熱を発生しにくい体、冷えた場合に暖まりにくい皮下脂肪で覆われた体になります。

これ以外にもむくみやすく太りやすい体になるはずですから、基礎代謝が落ちても女性にとってメリットはひとつもありません。

十分な睡眠時間とストレスの無い生活習慣


寝不足な状態、ストレス過多の状態は自律神経でいうところの交感神経が刺激された状態です。

交感神経が刺激された状態がずっと続けば、結果は収縮しっぱなしで血流も悪くなって、末梢神経の血行障害はひどくなる一方です。

また血行不良による冷えが原因となって夜も寝付けない状態になれば、それが原因となって寝不足やストレスになることも…。もう冷え性のスパイラルといってもよいかもしれません。

十分な睡眠やストレスの無い生活によって副交感神経を刺激してあげましょう。

副交感神経が刺激され優位な状態になればリラックス状態、血管は拡張された状態です。血行も促進され冷え性改善につながります。

シャワーだけでなく浴槽につかる入浴を


忙しい毎日を過ごしていると「今日はシャワーだけでいっか…」と浴槽につからない方も多いかもしれません。

しかし体に負担のかからない程度の38~40℃程度のお湯につかることでリラックスできて血行も促進されます。長めの全身浴が苦手な方は半身浴でも十分に効果があります。

1日の数少ない副交感神経が優位な状態といえるバスタイムです。仕事やプライベートのストレスやプレッシャーを忘れてリラックスしてたっぷりと入浴して下さい。

しっかりと体の芯から温まる方法として、温冷交代浴とよばれる入浴方法も効果的です。

温冷交代浴とは40℃程度のお湯に3分間つかった後、浴槽からあがり冷たいシャワーを手足にかけて体を冷やすというサイクルを繰り返す入浴方法です。

いろいろとバリエーションもあり、スパや銭湯であればシャワーでなく水風呂に入っても構いませんし、冷たいシャワーでは負担が大きいならば、浴槽から上がり髪の毛や体を洗っている間に体を冷やしても構いません。

効果的に体を温めることができるので冷え性の方にはおすすめの入浴方法のひとつです。

冷えを感じる部位をしっかりとガード


冷え性の方の多くはホッカイロのような使い捨てカイロを愛用している方も多いかもしません。

もちろんそれ自体は悪いものでもありませんが、体には冷えを感じやすい部位があります。しっかりとその部位を防寒しておけば効果的に冷えを防止することができます。

一般的に首、お腹、足首がもっとも冷えを感じやすい部位といわれています。

通勤時のお洒落も大事なことですが、それが原因で冷え性が悪化していることも…。意識してマフラーやストール、腹巻き、保温性の高いソックス等を取り入れたいところです。

また夏冷えが辛い…といった女性の多くもこれらの部位を露出しているケースが多いといわれています。

とくにエアコンの効いたようなオフィスが中心の女性なら尚更しっかりとガードしておきましょう。

夏だからといってキャミソールやミニスカートにミュールは夏冷えに拍車がかかることになりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする