【ピラティス自宅】基本をマスターするためにお試しレッスンを利用する

ピラティスのスタジオにて

心と体の調和を目的としたヨガにくらべ、ピラティスは純粋に体の芯ともいえるコア部分の深層筋を鍛えることで、失われた体のバランスを取り戻すことが目的。

ヨガとピラティスでは同じようなポーズもみられますが、そもそもピラティスを考案した方がヨガの動きを取り入れたためです。

ヨガのポーズは体幹や筋トレ効果が高いってことですね。

基本的にピラティスで鍛える筋肉は、瞬発系ではなくゆっくりとジワーっと伸ばす柔軟なタイプの筋肉。

時間をかけて筋肉繊維をほぐしながら伸ばしつつ筋肉を強化するため、しだいに体のバランスが整い、女性ならば綺麗なボディラインが手に入れられます。

半年で4つのスタジオを利用してみた管理人が、こちらのページで人気のスタジオを徹底比較しています。
しっかりとお試し体験で比較して、納得できるスタジオを選んでくださいね!
2017年版 おすすめスタジオ比較

ピラティスを始める場合、スタジオそれとも自宅?


ピラティスを始めようと考えた場合、

  • ピラティス專門スタジオに通う
  • 地域センターやカルチャーセンターなどのピラティス講座に申し込む
  • 書籍やDVD等を用意して自宅で行う

…といった選択肢があるかと思います。

もちろんどの方法でも構いません。

費用や時間的な余裕に合わせてご自分に合った方法で始めてみるのがよいでしょう。参考までに各選択肢のメリット、デメリットを以下にまとめておきます。

1.ピラティス專門スタジオに通う


本格的にピラティスに取り組んでみたい…体型が変わるくらいは頑張ってみたい…といったモチベーションの方だったら、いきなりピラティス専門のスタジオの門をたたくのも悪くありません。

なんとなくハードルが高いようで不安かもしれませんが、初心者向けの体験レッスンや初心者向けのカリキュラムを用意しているスタジオも沢山あります。

また自分の予定に合わせてレッスンを選ぶことが可能というのが最大のメリットです。午前でも午後でも仕事の都合や遊びの都合に合わせてレッスンを予約すれば良いので継続しやすですね。

またフリータイムのマンスリー会員であれば基本的に通い放題なので、週2、週3で通える方であれば、それほど高額な費用ともいえません。

また先生やインストラクターさんのピラティスの技術も高いという部分も見逃せません。

2.地域センターやカルチャーセンターのピラティス講座


スタジオはちょっぴり不安だし…といった方やとりあえず一度だけでも体験したいという方は地域センター、カルチャーセンターで開催されるピラティス講座で体験してみてはどうでしょうか?

費用も安く初心者の割合も多いので気兼ねなく体験できるはずです。ただし開催日、開催時間が限定されるのがデメリットです。

せっかくのピラティス講座も予定が合わなくて不参加ではもったいないですからね。

また週2~3といったペースで通い詰める方には向いていません。

3.書籍やDVD等を用意して自宅で行う


本当の意味で自分のペースでピラティスを始めたいなら、自分で書籍やDVDで勉強して自宅でピラティスも良い選択肢かもしれません。

しかしピラティスは体幹や体のコア部分を鍛えるエクササイズです。正しい方法で行われないと効果がでないだけでなく逆効果になるケースも考えられます。

なので自宅で行う場合でも、最初の数回はピラティス経験者に見てもらう…もしくは本格的なスタジオで初回お試しレッスンを体験してニュートラルポジションを始め、基本的な動きを学んでおくべきかもしれません。

全くの未経験では書籍やDVDの内容が理解できない上、自分がどんな体勢なのか他人に確認してもらうことができません。

とくにピラティス初心者にとって、自分の体勢を確認してもらいアドバイスしてもらう事はとても大切な部分です。

後々、自宅で行う場合でも基本をマスターするまではスタジオやピラティス講座に参加することをおすすめします。

自宅でピラティスを行う場合の注意するポイント


実際に自宅でピラティスを始める場合、何らかの書籍やDVD等の情報を参考に始めるかと思います。

基本的な姿勢や呼吸法はそういった書籍やDVDを参考にしてもらえば良いかと思いますので、ここでは基本的なピラティスの効果を出すための注意しておきたいポイントをご紹介しておきます。

リラックス


ピラティスをスタートする時にもっとも大切な事がリラックスです。

関節や筋肉がこわばった状態では無駄な筋肉が鍛えられ本当に必要な筋肉を鍛えることができません。またピラティスに集中するためにも、日常生活のストレスやプレッシャーから心を解放してあげましょう

呼吸法


ヨガのゆっくりと深い腹式呼吸とは違い、ピラティスは胸式呼吸を中心に行います。

呼吸法が違えば自律神経のバランスも変わってきます。ピラティスの動きにはピラティスの呼吸法が不可欠です。呼吸と動きがシンクロすることで効果が倍増します。

体幹を意識する


ピラティスは体の中心の部分に重点を置いたエクササイズ。

どんな動きも体幹や体のコア部分を意識して行うことで、本来の目的である骨盤や脊柱付近の深層筋を鍛えることにつながります。手足を動かす場合も体幹を意識することで効果がアップします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする