【ホットヨガむくみ解消】リンパの流れを促し不要な水分を排出する効果

むくみやすい脚

ヨガやホットヨガの効果にはダイエットやストレス解消…といろいろあります。

そんな中、とくに女性特有の悩みに効果が大きいと注目されているのが、ジャングルのような高温多湿の環境でおこなうホットヨガ。

発汗量が多いこともあり、冷え性や肩こりの改善、便秘解消、骨盤調整…その他、女性の天敵ともいえる『むくみ』にも効果が大きいのです。

そこで今回、むくみを解消する視点でホットヨガを考えてみました。立ち仕事やデスクワークの女性で夕方以降は常にむくんでいる・・・という方必見ですよ!

半年で4つのスタジオを利用してみた管理人が、こちらのページで人気のスタジオを徹底比較しています。
しっかりとお試し体験で比較して、納得できるスタジオを選んでくださいね!
2017年版 おすすめスタジオ比較

むくみ解消にめちゃ相性のいいホットヨガ


朝起きた時の顔や瞼のむくみ、日中のデスクワークや立ち仕事を終えた後の足のむくみ…顔は大きく見えるし足は太くみえるし本当に嫌なものですよね。

そんなむくみの解消にホットヨガがとても効果があるのは、ヨガやホットヨガの経験者なら知っていること。

でもなんでホットヨガがむくみの解消に効くのでしょうか?

そこで、まずはホットヨガとむくみ解消の関係の前に、簡単にむくみの原因や仕組みについてお話しておきます。

嫌なむくみの正体とは!


そもそもむくみは本来は「浮腫」とよばれ簡単にいってしまえば、体を巡って排出されるはずの水分が細胞と細胞の間の部分(細胞間脂質)に取り残されて停滞した状態。

つまり何らかの理由で過剰に水分が細胞間脂質に流れでてしまった事、そして静脈やリンパ管に回収されて排出されるはずの水分が回収されなかった事が直接の原因です。

こういった水分の停滞が起こる原因ですが、深刻な場合は病気に起因するケースもありますが多くの女性の場合は生活習慣によるものが多いといわれています。

例えば以下のような生活習慣が代表的なむくみの原因といえます。

  1. 過剰な塩分摂取によるむくみ
  2. アルコール摂取によるむくみ
  3. 栄養不足によるむくみ
  4. 基礎代謝の低下によるむくみ

1.過剰な塩分摂取によるむくみ


体内の塩分濃度が高まると、浸透圧によってバランスのとれていた水分が、過剰に細胞間に流れ出てしまいます。

崩れた塩分濃度のバランスをとるために水チャネルという水の通り道を通過して、本来は細胞内にとどまるはずの水分がどんどん細胞間質に流れ、細胞間質液が増えてしまいます。

これがいわばむくみの原因

また塩分の多い食事の後は、喉も乾きやすく体も塩分濃度を下げようと水分を過剰に摂取してしまうことも大きな原因といってもよいかもしれません。

とにかく塩分は控えること!

2.アルコール摂取によるむくみ


そもそもアルコールには利尿作用があるため、過剰なアルコール摂取によって脱水症状を引き起こしやすくなります。

そのため体は脱水症状を解消しようと過剰に水分を摂取します。この脱水症状を解消するための水分摂取は何も悪いことではありません。

しかし過剰に摂取してしまうこと、さらにアルコール摂取のタイミング上、水分を摂取してから短時間で寝てしまうことがむくみを引き起こします。

睡眠中には抗利尿ホルモンとよばれる水分を溜め込み、吸収しやすいホルモンが働きます。

またアルコール摂取と同時に塩分濃度の高いおつまみや食事を摂りがちなことも原因とも考えられます。

3.栄養不足によるむくみ


インスタント食品やジャンクフードといった食生活に偏ってしまうと、体内に必要な栄養素が不足してむくみやすい体になります。

とくにカリウム、カルシウム、マグネシウムといったミネラル分が不足しているとむくみの原因になるようです。

とくにカリウムは細胞内液に多く含まれ、ナトリウムは細胞外液に多くふくまれているのでご注意ください。

ナトリウムに対してカリウムが不足してしまうと、細胞内と細胞外のバランスが崩れ、必要以上に細胞外に水分が滲み出てしまいむくみの原因となります。

ミネラル分の他にもタンパク質も不足しては代謝も落ちて血行不良となりむくみやすい状態になるので注意。

4.基礎代謝の低下によるむくみ


運動不足や筋力不足によって基礎代謝が低下してしまうと、人間の体は途端にむくみやすくなります。

まず基礎代謝が低下してしまうと新陳代謝が正常に行われなくなります。新陳代謝が悪い状態とは簡単にいえばめぐりの悪いカラダ。

本来は毛細血管から必要な酸素や栄養素を受け取った細胞から、不要な老廃物や異物を含んだ水分は排出され、静脈やリンパ管に回収されて体外に排出される水分が、うまく排出できない状態。

また運動不足によって基礎代謝が低下してしまうと、体は生存本能から燃焼効率の良い脂肪を溜め込み、筋肉から先に燃焼し始めます。

つまり筋肉が減って脂肪を溜め込みやすい体が出来上がります。その結果、筋肉が減ることでさらに基礎代謝が低下するという負のスパイラルが始まります。

とくに足のむくみは第二の心臓と呼ばれる「ふくらはぎ」周辺の筋肉が不足していると、水分を上半身へ押し戻すことができないために、むくみやすくなります。

ホットヨガでむくみの無い体に!


そこでむくみの解消に効果のある運動としてヨガやホットヨガが注目されてきました。

まずヨガやホットヨガでは、集中して不安定なポーズを続けることで姿勢安定筋とよばれる、鍛えづらいインナーマッスル(深層筋)を効率よく鍛えることができます。

またヨガやホットヨガで行う「深くゆっくりと行う腹式呼吸」は自律神経の中でもリラックス効果の大きな副交感神経を刺激させ優位な状態に導きます。

自律神経を整え新陳代謝も活発にするホットヨガ


副交感神経が優位な状態だとリラックスでき、血管は拡張され血圧も低下しゆっくりと血液がスムーズに流れます。

その結果、不要な老廃物や異物を含んだ水分も詰まることなくリンパに乗って排出できます。

またヨガよりもホットヨガに特徴的ですが、室温40℃、湿度40~50%というインドのような高温多湿状態のスタジオでは中にいるだけで多量の発汗によって新陳代謝が活発化されます。

血行は促進され、筋肉や関節も活動しやすい柔らかい状態が保たれます。

筋肉がスムーズに活動できて血液の循環も活発になれば、筋肉や血管の運動によって刺激されたリンパ管も活発に循環できるわけです。

【まとめ】数回のレッスンでも実感できます!ぜひお試しレッスンでむくみを軽減させよう!

以上、むくみのありがちな原因とホットヨガのむくみ解消効果についてまとめてみました。

他にもホットヨガのポーズによって、ふくらはぎ周辺の腓腹筋やヒラメ筋、インナーマッスルが鍛えられることもむくみ改善に効果があります。

ふくらはぎは第二の心臓とよばれる筋肉で、下半身から血液を戻すポンプの役割。

この筋肉を鍛えることで血流が促進され、同時にリンパの流れも正常化します。

これらのすべてをバランスよく改善できるホットヨガ・・・むくみに悩んでいるなら1日も早くお試しレッスンだけでも受けてみる価値、大きいと思いますよ!

レッスン数回でも、見違えるほど下半身がスッキリして驚くと思いますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする